時計に水が入ったら?サビ取りの方法も解説します!

『水で時計がサビてしまった!どうしたらいいのか!?』
そんな時のメンテナンスの方法をお伝えしていきます!


腕時計本舗の編集長の前下です!

今回は、「時計のサビ取りの方法」についてです。時計も金属なので、水分がかかったまま放置しておくとサビてしまいます。また、いくら防水時計でも長く汗や生活用水に触れているとサビがかかってしまいます。

そこで、大事な腕時計のサビを防ぐためには、また万が一時計がサビてしまったらどのようにサビ取りを行えば良いのかということを説明していきたいと思います!

時計のサビを防ぐために必要なメンテナンス

腕時計のサビを防ぐためには、細かにメンテナンスを行う必要があります。

そもそも”サビ”とは、汚れや水分が付着することで、表面にある酸化を防ぐ膜が剥がれてしまうことでサビてしまうのです。そのため、サビを防ぐためには、日常的に時計の表面をきれいにしておくことが非常に大事です。

そして、サビを防ぐためにも、またサビを取るためにも布やブラシを使って時計の表面をしっかり磨き、きれいにしておくことがメンテナンスの基本になります!

サビが付いてしまった場合のサビ取りの方法

方法① 布で磨く

時計を磨くための布(クロス)には、
シリコンクロスやマイクロファイバークロスなどがあります。もちろんどんな布を使っていただいてもOKですが、オススメはセーム革のクロスです。

セーム革は表面がキメ細かく、柔らかくて非常に拭きやすいため、拭く際に時計の表面をキズ付ける心配もないからです。また、静電気も起きないので埃も付きません。

セーム革クロス

¥2,110

▶商品を探す

方法② ブラシで磨く

布以外には歯ブラシを使って磨くことも有効です。
歯ブラシは刃の先端が細かく柔らかいので、時計のケースをキズ付けず、隙間に入り込んで汚れを落とすことができるからです。

専用のブラシももちろん良いですが、歯ブラシであれば誰でも持っていて簡単に用意ができるので、すぐに手入れができます。また、メタルブレスレットの時計には特に有効で、細かい隙間や凹凸がたくさんあり、そこの汚れを取りやすいのが歯ブラシです!

方法③ つまようじを使って汚れ落とし

布でも歯ブラシでも落とせないしつこい汚れには、爪楊枝を使うことがお勧めです。

凹凸のある場所、あとは、ブレス、ラグとストラップの接合部の周り、裏蓋やベゼルとケースとの接合部など。歯ブラシの毛先では落としきれない汚れがあったら、ようじの先でなぞりましょう。

時計に傷も付きにくく、ブラシの形よりも硬いので歯ブラシの毛先では落としきれない汚れでも、優しくなぞるだけで落とすことが可能です。

時計磨きにオススメの商品「クリスタル・ガード」

実は腕時計本舗では傷を消すためのとっておきのアイテムがあるんです!!

それがコチラ!!

このクリスタルガード・クロノアーマーは、ガラスコーティングができる時計磨きのグッズで、これを付けて時計を磨くだけで、傷を消すことに加え、傷が付きにくくなるのです!!

実際に磨いてみた詳しいレビューはこちらの記事をご覧ください。

クリスタル ガード・クロノアーマーで腕時計を磨いたら衝撃の効果が!?


▼驚くほどの効果がありました!!▼

素人が腕時計のサビ取りを行うのは危険!専門家に任せることがオススメ!

 

少しのサビであれば、布やブラシで取ることはできるかもしれませんが、少し磨いてもなかなか取れないサビが付いてしまっている場合は、無理をせずに専門のショップに持っていきましょう。

時計は細かな部品の数も多く、下手に扱うとすぐに傷ができてしまったり、最悪のケースでは故障してしまう可能性もあります。

また、専用でない薬品などの使用は素材の変色が起きてしまう可能性がありますので、いずれにしてもひどい汚れやサビが付いてしまった場合はすぐにショップに依頼しましょう。

万が一時計に水が入ってしまった場合の対処法

もし時計の内部に水が入ってしまった場合、すぐに専門のショップやメーカーへ「水抜き」「乾燥作業」を依頼しましょう!

特に普段の生活で水回りで時計を使用する場合は、防水性能を確認しておく必要があります。
ちなみに「日常生活防水」とうたわれている時計の場合では、微量の水分が一時的に時計にかかる程度ですので、長時間水に着けたりすることはNGになります。

また、リューズの閉め忘れにも注意しましょう!
特に海水の場合は要注意です!1日程度に内部にサビが発生してしまいます。