腕時計の正規品と輸入品の違いについて

「並行輸入品」=「偽物」と考えている方は実際多くはないでしょうか?

確かに市場で出回っている商品には「スーパーコピー」と呼ばれるものなど【フェイク】品が多く存在するのも事実です。

ですが並行輸入品といっても、当店「腕時計本舗」のように、海外の正規ショップから仕入れた新品未使用品を、海外輸出業者経由で仕入れた商品も「並行輸入品」と呼ばれます。

簡単に説明しますと、【海外ショップで買い付けた商品を販売している】ということです。

正規品の商品と並行輸入品(逆輸入品)の商品はどう違う?

正規品・並行輸入品(逆輸入品)の共通点

・商品自体は正規品/輸入品ともに同じです。
(輸入経路が違うだけなので機能に「差」はありません。)

正規品・並行輸入品(逆輸入品)の相違点

【正規品】

・国内正規代理店のギャランティがつきます。
・正規小売価格での販売となります。
・正規ショップでのオリジナル付属品がつくものもあります。
・完全国内正規ディーラーでのアフターサービスを受けることができます。

【並行輸入品】

・国内正規代理店のギャランティは付きません。
・外国為替レートの変動(円高還元)で商品を割引させていただくこともございます。
・取扱説明書が日本語ではございません。
・国内正規ショップでの付属品は付きません。
・国内モデルとは若干、色やデザインが変わることがございます。
・日本国内でメーカーの保障が受けれない場合や修理費が正規品に比べ割高になる可能性がございます。そのため販売店や輸入業者独自の保障が付く場合があります。
・国内正規品と比べて検品基準が緩いため、小さな傷・塵の混入・色ムラなどがある商品もございます。

【逆輸入品】

・国内では手に入らない貴重な海外レアモデルが手に入ります。