グランドセイコーが誇るスプリングドライブの寿命とは?後悔しないために専門店が解説

 

独自のの技術と卓越した精度で世界中に信頼されているグランドセイコーのスプリングドライブ。

しかし、腕時計のムーブメントにおいて、その性能や美しさと同じくらい重要なのが、その寿命です。

そのため、スプリングドライブの寿命について正しい知識を持っておくことは、腕時計選びにおいて後悔しないための大切なポイントです。

今回の記事では、販売店の視点からスプリングドライブの寿命について詳しく解説し、その長寿命を支えるメカニズムやメンテナンスの重要性についてお伝えいたします。

グランドセイコーのスプリングドライブとは?

9Rスプリングドライブとは、グランドセイコーが20年以上をかけて開発した、ゼンマイのトルクを動力源としつつ、2004年に誕生したICと水晶振動子で精度を制御する全く新しいムーブメントです。

古来より自然を慈しみ、そこに美を見出してきた日本人は、春から夏へ、秋から冬へと移ろいゆく季節を繊細に感じ取り、折々の風情を愛おしむ心を大切にしてきました。

日本人は、この静寂を流れる偉大な時の移ろいに寄り添いながら、独自の感性で向き合ってきました。キャリバー9Rは、そうした日本の美意識を凝縮したムーブメントです。

グランドセイコーのスプリングドライブの寿命は?

一般的に、クオーツ式時計の寿命は10年前後とされています。一方で、機械式時計は適切なメンテナンスを行えば「一生もの」として使い続けることができます。

スプリングドライブもまた、機械式時計と同様に、使い方とメンテナンス次第では「一生もの」として長く愛用することが可能です。

スプリングドライブの寿命は何年か?

スプリングドライブのオーバーホールの頻度は?

スプリングドライブは機械式のムーブメントと同様に、定期的なオーバーホールを行うことで、一生ものとして愛用することが可能です。

オーバーホールの頻度に関しては、通常3~5年ごとが推奨されています。

これにより、ムーブメントの精度を保ち、時計全体のパフォーマンスを最適な状態に維持することができます。

スプリングドライブのオーバーホールの金額は?

長く愛用する為に必要である定期的なオーバーホール。

一般的なオーバーホールの費用は、時計のモデルや状態によりますが、おおよそ5万~10万円程度が目安となります。

また、グランドセイコーでは「コンプリートサービス」というメンテナンスサービスを提供しています。

こちらのサービスは、ムーブメントの分解・洗浄・再組立て、潤滑油の交換、消耗部品の交換、精度の調整、ケースやブレスレットの洗浄と仕上げまでメンテナンスに関するすべての内容が含まれます。

これにより、時計は新品同様の状態に復元され、長期間にわたり精度と美しさを保つことができます。

スプリングドライブは後悔する?

このように、新しいムーブメントであり、精度の高さも寿命の長さにおいても優れているスプリングドライブではありますが、

一部ネットでは「スプリングドライブ 後悔」というキーワードが検索されているようです。

なぜこのような検索がされているのでしょうか?次の項目で調査、解説いたします。

修理費用が高い

スプリングドライブは、精度調整している(トライシンクロレギュレーター)など、特殊なパーツを使用している事や、機構自体が複雑である為、

修理が必要な場合には専門的な知識と技術が求められ、その結果、修理費用が高くなることがあります。

ケースが厚い

9R65搭載モデルの多くは厚みが12mm程度あります。

スプリングドライブの時計は、内部に複雑な機構を持っているため、一般的にケースが厚くなりがちです。

この厚さは一部のユーザーにとって不快であり、装着感やスタイルに影響を与えることがあります。

機械式の魅力がない

スプリングドライブは時が流れるように針が動くのがスイープ運針の特徴ですが、

逆に静かすぎるゆえに、機械式時計の趣のある音を期待する方には不向きかもしれません。

伝統的な機械式時計には、手巻きや自動巻きの独特の魅力があります。スプリングドライブはこれらの要素を持たないため、機械式時計のファンには物足りないと感じられることがあります。

グランドセイコーはスプリングドライブと機械式はどちらがいいのか?

正確な時間を維持したい、低メンテナンスで滑らかな秒針の動きを楽しみたい場合など、性能面を重視する方にはスプリングドライブが適しています。

逆に、時計の内部構造や手巻き、自動巻きのメカニズムの魅力など、伝統的な機械式に強いこだわりがある場合や、メンテナンスなど維持費用を安く抑えたいという方には機械式の腕時計がオススメです。

グランドセイコーのスプリングドライブ搭載モデル 人気TOP5

1位 SBGE213

 

直径41mmのステンレススチールケースに収められたこのモデルは、スプリングドライブを搭載しており、1日あたり±1秒という高い精度を誇り、滑らかな秒針の動きが特徴です。

ブラックダイヤルには視認性を高めるルミブライト加工が施され、サファイアクリスタルガラスは反射防止コーティングにより視認性と耐傷性を兼ね備えています

またGMT機能を備え、異なるタイムゾーンを行き来する際に便利で、

ビジネスシーンからカジュアルな場面まで、どんなシーンでもマッチします。

▼商品ページはこちら

2位 SBGE281 

ダイヤルには王道カラーのミッドナイトブルーを採用し、飽きの来ないデザインが特徴の SBGE281 。

サファイアクリスタルガラスには反射防止コーティングが施され、視認性が高く、高い耐傷性を誇ります。

ダイヤルにはルミブライト加工が施されており、暗所でも高い視認性を誇ります。

また、GMT機能を備えており、異なるタイムゾーンを行き来する際に非常に便利です。

▼商品ページはこちら

3位 SBGE253 

 

世界的なトレンドであるケース径40.5mmのコンパクトスポーツモデル。

様々なシーンで活躍するスポーツコレクションに相応しい20気圧防水仕様や、装着時におけるケースとのバランスの良い、長手三つ折れバックル(微調整機能付き)を採用しています。

ムーブメントには温度差・姿勢差に強く耐衝撃性にも優れたスプリングドライブムーブメントを搭載し、様々なシーンで活躍する一本。

▼商品ページはこちら

4位 SBGA439

 

深い色味のミッドナイトブルーダイヤルが特徴のHeritage Collectionスプリングドライブ。

リューズガード付きのねじ込み式リューズを採用しており、高い防水性能を確保。

ステンレススチールブレスレットは快適な装着感を提供し、長時間の使用でもストレスを感じません。さらに、パワーリザーブインジケーターが搭載されており、残りの動作時間を一目で確認することができます。

▼商品ページはこちら

5位 SBGX005 

 

シンプルなデザインの直径37mmのステンレススチールケースに収められており、クラシックでありながらもモダンなデザインが特徴のSBGX005 。

採用されたサファイアクリスタルガラスは反射防止コーティングが施されており、高い視認性と耐傷性を兼ね備えています。

また、100m防水性能を備えており、日常生活の中で安心して使用することができます。

▼商品ページはこちら

まとめ:グランドセイコーのスプリングドライブの寿命とは?

今回はスプリングドライブの寿命に関して解説いたしました。

グランドセイコー独自の機構であり、卓越した制度が特徴のスプリングドライブ。

伝統的な機械式時計のように定期的なメンテナンスを施す事で一生ものの腕時計になり得る事がわかりました。

しかし、伝統的な手巻きや機械式腕時計にもまた魅力があり、どちらを選ぶかは使用する方の用途や拘りによって人それぞれとなりそうですね。

画像の説明

 

おすすめの記事


腕時計本舗ならいつでもお得!

腕時計本舗は業界最安値に挑戦します!価格.comに腕時計本舗よりも安い店舗があればお値引き。詳しくは画像をクリック。