【ティッドウォッチの魅力】ミニマルでシンプルなデザイン

出典:http://www.neuve-a.net/

2015年に日本へ上陸して以来、ティッドウォッチは日本国内で支持を集めています。メゾンイエナ(Maison IENA)などのセレクトショップで取り扱われる他、エストネーション銀座店にて期間限定で出店もされました。

創業者兼デザイナーのオラ・E・バーンストール(Ola. E Bermestal)は、ティッドウォッチ(TID Watches)はスウェーデンのストックホルムで、2012年に腕時計のブランドとして誕生したと語っています。特徴的な北欧テイストの、ミニマルさを醸し出しながらの機能的なデザインは、ヨナス氏とヨーン氏(デザインユニット「FORM US WITH LOVE」)によるものです。

日常的に使いたくなる、日々の生活で密かに誇示するアイコン的な面白味と魅力を兼ね備えた腕時計がTID Watchesです。ブランド名の「TID」はスウェーデン語で時間を指し、時間の経過に縛られない価値を持ったものづくりを行うことを意味します。

ティッドウォッチの盛り上がりは、ノームコアなデザイン性のある時計を身に付けることで、自身のデザインやファッションに対する興味を主張しているためではないかと思われます。ファッションは社会的な階層や、関心なども外に向けて表明できる手段ですが、そもそも「ファッションに関心がある」ことを指し示すのも重要な要素です。

ミニマルかつ究極的に追い求められたシンプルさを持ち、カジュアル、ビジネスのどちらのシーンでも違和感のないデザインです。また白いシャツにスウェットパーカー、デニムスニーカーといった服装で肩の力を抜くような休日でも適しています。品の良いスタイリッシュさがあるため、着用に性別を問いません。華奢な腕時計を苦手に感じる人物でも用いることができます。

ティッドウォッチのシンプル性と上品さ

出典:http://www.10keiya.com/fs/pp10keiya/c/3214

時間とクリエイティビティーの探求を掲げたティッドウォッチは、無駄のないミニマルなデザインに加えて、見やすい文字盤に秒針の先端が丸みを帯びています。また工具なしにストラップを付け替えられることが他ブランドと異なっています。

リュウズは大きさを考慮して手首を痛めないよう、左側にある所もおしゃれです。
時計の動力機構部分、ムーブメントはロンダ社のスイス製や、日本向けではミヨタムーブメントが使用されています。

「ティッドウォッチNo.1」のケースのムーブメントは日本製であり、白もしくは黒の文字盤の縁をステンレススチールで囲んでブラックイオンコートが塗布され、ブランドロゴは刻印されていません。またステンレスのシルバーとゴールドもあって4色が用意されている上、大小の2サイズで展開しています。またストラップはレザーやファブリックなど様々な素材と色を揃えて、ケースに通してもシワなどが出来ないよう、見た目やつけ心地に違和感がないように設計されています。またレザーはストックホルム近郊で100年以上の歴史があり、時間と手間をかけて水溶性化合物のみを仕様したベジタブルタンニングを行っています。

ティッドウォッチの時計は丈夫で型くずれしにくく、使い込むことで手首に馴染み、唯一無二のツヤや味わいが現れてきます。

ティッドウォッチ TID01-36blackedition

商品の詳細を見る

ティッドウォッチの環境に優しい時計ベルト

「ティッドウォッチNo.2」はNo.1からイメージが変わり、オールスティール仕様で近代的になりました。無駄の削ぎ落としに磨きがかかっています。
2017年7月1日には「ティッドウォッチNo.3」が発売されました。No.1と同じケースデザインで、素材にTR90ポリカーボネートを採用しました。環境に配慮した製造過程を経ています。耐久性や柔軟性、軽量性もあるため、実際に身につけると軽さを感じられます。

またサーモプラスチックの利用に挑戦することで強度と軽さを併せ持ち、快活さを与えるデザインを実現させました。ケースが透明になることで大胆になった色遣いは目を引く鮮やかさがあり、ブルーやレオレンジといった夏の装いに使える色が揃っています。
ケースとベルトを選べる引き通し仕様が健在し、手軽に取り外せるため他のティッドウォッチのベルトを合わせられます。

日々の気分で付け替えられるカラーはブラック、ホワイト、グリーン、ブルー、ピンク、オレンジの6色が展開され、2万円台の値段で買える腕時計であるため、自分自身や友人、大切な人などに対するプレゼントでペアルックにも適しています。

そして数あるストラップの内、デンマークのテキスタイルメーカー、クヴァドラ(kvadrat)とコラボレーションした「Twain Wristbands」が2016年4月より発売されています。

ペットボトルを原料にし、再生繊維ファブリックとベジタブルタングレザーを貼り合わせた地球に優しいストラップとなりました。染色はオーガニックの染色工場「タルンショ・ファルベーリ」によるものです。
色は北欧、スカンジナビアをテーマにした魚のサーモンをはじめとし、サンド、ミネラル、パイン、グラニット、コールの自然的な6色が展開されています。

他のモデルを探す

ティッドウォッチの腕時計の魅力 まとめ

ティッドウォッチはまだまだ新興ブランドであり、販売されている腕時計の種類も限られていますが、各時計のカスタマイズ性は高く、好みに合わせた意匠を施せます。

どんな大手ブランドも、始まりは小さな工房からです。もしかすると、ティッドウォッチが未来では世界最大手ブランドになっているかも知れません。そうなったら、今くらい有名になる前に、自分は目を付けていたと主張ができますね!