カシオ Gショックの電波ソーラーモデル人気TOP20!専門店が厳選

 

今回はGショックの電波ソーラーモデルの人気モデルをご紹介いたします。

充電、時刻合わせが不要でビジネス、アウトドアシーンに最適な電波ソーラー時計。

是非今回の記事を参考にご自身にぴったりのお気に入りの腕時計を見つけてみてください!

Gショックの電波ソーラーモデルの魅力

充電の必要がない

太陽光や照明などの光を蓄電して、腕時計を動かすソーラー腕時計は電池交換、充電の必要がありません。

長時間暗所において置いたりすると充電切れを起こす可能性もありますが

通常の使用においては充電切れを起こす心配がないので電池交換が煩わしいと感じる方にはに特にオススメです。

時刻合わせの必要がない

電波受信機能を持つ電波ソーラー腕時計。

時刻は、送信所から発信される標準電波を受信して、時計が自動的に合わせてくれるため、自分でこまめに時刻を合わせる手間がないのが大きな特徴です。

しかし、磁気帯びや故障などで基準位置がずれてしまった場合などは修正が必要になる為、注意が必要です。

ビジネスシーンに最適

標準電波を受信し、常に正しい時刻を表示してくれる電波ソーラー時計はビジネスシーンに最適。

時間通りに動かなければならないときでも、正確な時刻が分かります。また、電池切れや電池交換の心配もないので、いつの間にか時計が止まっている、なんてこともないため、時間が重要なビジネスマンには最適です。

自分に合ったGショックの電波ソーラーモデルの選び方

ステンレスモデル

メタルチックでクールなデザインのG-STEELシリーズなど、ステンレスモデルのGショックなら、高級感のある質感で、スーツに合わせても違和感がなく、ビジネスシーンでも問題なく使用できます。

MASTER OF G

タフネスが売りのGショックの中でも、とりわけ過酷な環境下で使われることを考慮して開発されたMASTER OF G。

陸・海・空の各分野にそれぞれ特化したハイレベルな機能を付加しており、タフネスをとことん追求したプロフェッショナル向けなG-SHOCKシリーズになります。

デザイン面でもマットな素材の使用や重厚感のあるケースデザインもまさにプロ仕様と感じさせるものであります。

ORIGINシリーズ

現代でも高い人気があり、Gショックの代表的なモデルである、

初代Gショックのスクエアモデルのデザインを踏襲したORIGINシリーズ。

初代から受け継がれるコンセプトはそのままに、時計としてのクオリティを進化させた新モデル。Bluetooth通信機能や世界6局の標準電波に対応して自動時刻修正するマルチバンド6を搭載するなど機能面は進化していながら比較的安価で手に入り、馴染みのデザインはカジュアルシーンにマッチします。

Gショックの電波ソーラーモデル人気TOP20

1位 GMW-B5000D-1JF

1983年に誕生したG-SHOCK初号機DW-5000C。その象徴であるスクエアデザインはそのままにフルメタル化したGMW-B5000シリーズ。

スマートフォンリンクをはじめとした先進機能を搭載し、
Bluetooth®通信機能を備え、専用アプリとの連携により正確な時刻情報を取得可能になりました。

標準電波(マルチバンド6)による時刻修正システム、タフソーラーによる安定駆動、高輝度フルオートLEDバックライト、ワールドタイム、6ヵ国語の曜日表示などの実用性も備える機能を備えた一本。

▼商品ページはこちら

2位 AWG-M100-1AJF

マルチバンド6を搭載し、基本性能を磨き上げた電波ソーラーのデジタルとアナログコンビネーションモデル。
G-SHOCKのブランドカラーであるブラック×レッドを使用したタフネスを象徴したデザイン。
文字盤は、実用的な月日、曜日一括表示を備えたベーシックなデザイン。
そこには利便性を追求し、計測タイム確認時などに針が液晶表示の上に重なって見づらい場合簡単なボタン操作で針を一時的に移動させる針退避機能も搭載されています。

3位  GXW-56BB-1JF

 

あらゆる(X=extra)方角からの衝撃(Gravity)に耐えぬくことを目指した「GX シリーズ」。

マットブラックで統一されたデザインは屈強さ、精悍さを表現しています。

採用された2層ウレタンベゼルは、衝撃をガードする硬いウレタンを外側、衝撃を吸収する軟らかいウレタンを内側に配し、ベゼル全体のプロテクト能力が向上。

更に、撃がケース内部に伝わってもモジュール自体へ伝わらないよう、インナープロテクターの3時・6時・9時・12時の4箇所に衝撃吸収性に優れるアルファゲルを採用、幾重にもわたって衝撃をブロックする構造が取られています。

世界6局の標準電波受信機能やタフソーラーを搭載。

テクノロジーとデザインの両面から「タフ」を徹底的に追求した一本。

▼商品ページはこちら

4位  MTG-B2000B-1A2JF

一体構造のカーボンモノコックケースでモジュールを保護し、外側をメタルパーツで覆った「デュアルコアガード構造」を構築した、MT-Gシリーズの、カーボン素材搭載モデル。
ケースサイドをメタルに変更、メタルフレームとベゼルを別体にすることで、デザイン面でもインパクトのあるカラーリング、洗練されたデザインに。

機能面ではBluetooth®通信機能により専用アプリ「CASIO WATCHES」と接続し時刻情報を取得。マルチバンド6とタフソーラー、高輝度LEDライトも搭載しており、実用面でも使い勝手がさらに向上。

デザイン面、機能面の両面からさらに進化した一本です。

▼商品ページはこちら

5位 GST-B400-1AJF

 

カーボンコアガード構造により、G-STEELシリーズで最薄を実現したG-STEELシリーズGST-B400。
部品の小型化とモジュールの薄型化により厚みを抑えつつもBluetooth®とソーラーを搭載。

デザイン面では、押しやすい大型ステンレスボタンを採用。樹脂バンドにシルバーケースのスタンダードモデルで、TOPベゼルと中ベゼルに異なる仕上げを施すことで質感の違いも楽しめる仕上がりに。
メタルと樹脂という異素材を融合し、タフネスとデザイン性を両立したG-STEELシリーズ。

▼商品ページはこちら

6位 GW-A1100-1A3JF

磁気センサーにより、方位を素早く計測できる、パイロットの任務に不可欠な方位計測機能を搭載した過酷な環境下で活動するパイロットのためのG-SHOCK「グラビティマスター」シリーズ。
方位を示す秒針にはカーボンファイバーを採用し、衝撃による変形を防ぐと同時に軽量化を実現をしています。

機能面では電波受信機能(マルチバンド6)、タフソーラーなどを搭載し、高い実用性を誇ります。
ブラックをベースに差し色にグリーンを採用したデザインが印象的な
パイロットの要望に応えたパイロットウオッチ。

▼商品ページはこちら

7位  GST-B400BD-1A2JF

スリムでデザイン性の向上したG-STEELシリーズのGST-B400。
部品の小型化とモジュールの薄型化により厚みを抑えつつもBluetooth®とソーラーという機能性を維持し、消費電力も大幅に削減。

カーボンコアガード構造により、G-STEELシリーズで最薄を実現。バックからベゼルトップまでで12.9mmと、GST-B100と比べて1mm以上の薄さになっています。

タフネスとデザイン性を両立したG-STEELシリーズ。

▼商品ページはこちら

8位  GWN-1000B-1BJF

地球上で最も過酷な自然環境のひとつである、海上での使用を想定したG-SHOCK「ガルフマスター」シリーズの、トリプルセンサー搭載モデル

過酷な海上での任務遂行時に必須の方位・気圧・温度計測機能に加え、タイドグラフ/月齢表示を装備。

急激な気圧変化があった際にアラームで報知する気圧傾向インフォメーション機能、さらに電波受信機能とタフソーラーを搭載し、実用性も兼備しています。

海を感じさせる艦船の計器やコンパスをモチーフにしているケースに採用された大型りゅうずは防水性能を保つクイックロック機構とし、操作性とタフネスデザインを実現。
海という極限に挑むため、重要な機能を搭載したガルフマスターです。

▼商品ページはこちら

9位 MTG-B1000D-1AJF

 

Bluetooth®通信機能により専用アプリ「CASIO WATCHES」と接続し時刻情報を取得する最新技術をメタルと樹脂を融合した耐衝撃ボディに搭載したMT-G MTG-B1000D-1AJF。

デザイン面ではサファイアガラスの採用とカシオ山形工場の加工技術による繊細な彫刻が、高い質感を感じさせます。
また、バンドを接続するカン足とパイプを一体にし、モジュールを保護する「コアガード構造」を採用。センターケースにカーボンファイバー強化樹脂を用いることで軽量化と耐衝撃性を実現。

タフネスと機能性の両面が進化した一本です。

▼商品ページはこちら

10位 GST-B100D-1AJF

 

アナログ表示によるクロノグラフを搭載し、ジェット機エンジンの重厚なブレードをモチーフにデザインを施したステンレス製無垢バンドのG-STEEL。
9時位置に配したディスク針には、デュアルコイルモーターを採用することで針の動きや機能美を追求。

「レイヤーガード構造」や高密度実装技術によるモジュールの小型・薄型化により、装着性や時計としてのクオリティが向上しています。
機能面ではスマートフォンを介して正確な時刻を取得可能なBluetooth® 通信機能、太陽光から充電できるタフソーラー、高輝度なLEDライトやデュアルダイアルワールドタイムなどを備えており、実用面でも優れた性能の一本。

▼商品ページはこちら

11位 GW-5000U-1JF

 

重厚なメタルケースで、スクリューバックを採用した初代モデルDW-5000を元に、先進のテクノロジーを搭載、初代モデルのDNAを色濃く受け継ぎつつ、更なるタフを追求したGW-5000U-1JF。

電波を通しづらく受信には不利なフルメタルケースで、かつ重厚になるスクリューバックを採用しながら、世界6局の標準電波を受信するマルチバンド6も搭載。

メタルケース・スクリューバックには耐摩耗性を強化するDLC(ダイヤモンドライクカーボン)処理、スクリューバックはミラー加工を施し、質感もさらに向上。

1983年に誕生したG-SHOCKオリジナルデザインに先進のテクノロジーを搭載し、更に上質に仕上げたこだわりのモデル。

▼商品ページはこちら

12位  GST-W300G-1A2JF

 

レイヤーガード構造・機能はそのままに、モジュールの小型化によりダウンサイジングを実現し、デザインバリエーションの幅を広げたG-STEEL。
ケースをダウンサイジングしながらも、衝撃に耐える樹脂製のインデックスは、表面に施した蒸着膜をレーザーで削り、タフネスと美しさを確保。
樹脂製のベゼルで、装着性を高める肉厚のソフトウレタンバンドは、長時間の着用でも手首への負担を軽減。
また、マルチバンド6をはじめ針退避機能、フルオートダブルLEDライトなどの多数の実用性のある機能を搭載しています。

▼商品ページはこちら

13位 AWG-M520-1AJF

1989年にG-SHOCK初のアナログ・デジタルコンビネーションモデルとして誕生し、アナログ時計は針や歯車を始めとする細かい部品が多いため衝撃に弱いという既成概念を覆したAW-500も新たな機能を追加し復刻させたAWG-M520シリーズ。
ラウンドのケースデザインや、凹凸のないシンプルなバンド形状はそのままに、電波受信機能とタフソーラーを搭載。

オリジナルのデザインを忠実に再現し、G-SHOCKの名作が機能進化して現代へ復活した一本。

▼商品ページはこちら

14位  GAW-100B-1AJF

無骨な大型のケースに、メタル製のベゼルを組み合わせ、ベーシックに磨きをかけた、カジュアルと上質さを併せ持つタフネスデザインが印象的な一本。

独自の樹脂成形による立体的なインデックスには蒸着塗装を施し、メタルベゼルとの組み合わせによりクールな中にも上質感を表現、ブラックを基調としたカラーにアルミベゼルを用い、様々なスタイルに合うスタンダードなデザイン。
スタンダードデザインのクオリティを追求し、高い実用性を誇る電波ソーラーを搭載したモデル。

▼商品ページはこちら

15位  GW-7900B-1JF

 

過酷な環境下での使用を考慮したソーラー電波機能搭載高機能デジタルモデル。

防護服などの着用時にグローブをはめたままでも確実な操作を可能にする大型ボタンを搭載し、高い視認性を確保する大型液晶を採用。

タイドグラフ・ムーンデータ計測機能を搭載しながら、世界6局標準電波の受信を実現した電波ソーラーモデル。

グレーIPを施した削り出しの大型ステンレスビスをベゼルに配し、モノトーンを基調にデザインカラーリングは。タフネス感を強調しています。

▼商品ページはこちら

16位  GWX-5600-1JF

 

機能とデザインの両面で、身体能力の限界を試されるスポーツの世界観を表現、世界のトップサーファーをはじめ、エクストリーム系スポーツをサポートしているG-SHOCKのスポーツライン「Gライド」の夏モデル。
機能面では世界6局の標準電波を受信する電波ソーラー機能を搭載。

世界の主要潮汐ポイント100箇所のタイドグラフ&ムーンデータ情報を予めセットしており、世界中の海でサーフィンが楽しめます。

コンパクトな5600型のブラックボディに光沢塗装を施し、上質感のあるミラー加工メタルパーツを採用、デザイン面での質感がされに向上しています。

▼商品ページはこちら

17位  GST-W300-7AJF

 

モジュールの小型化によりダウンサイジングを実現し、デザインバリエーションの幅を広げたG-STEELシリーズ。

独自の微細加工技術によるエッジを効かせた立体造形のインデックス、アルミ素材による軽量化と衝撃に耐えるアナログ針には、ゴージャスなゴールドを配色。イルミネーションなどに見られる煌びやかな光をゴールドで表現、

深々と降り積もるスノーホワイトををベゼル、バンドへあしらった前面ホワイトのデザインが印象的な一本です。

▼商品ページはこちら

18位 AWG-M100SB-2AJF

コンパクトサイズで実用性の高い「デジタル×アナログ」が人気の電波ソーラー搭載AWG-M100シリーズに、発電効率に優れた「遮光分散型ソーラーパネル」を採用したモデル。
ベゼル部にブラックIPを施しブルーの文字板がクールなデザインが印象的。

タフソーラーで使い勝手のよいデジアナ電波ソーラーの一本。

▼商品ページはこちら

19位 GW-M5610-1JF

1983年に誕生したDW-5000Cのデザインを継承しているスクエアフェイス5600シリーズに標準電波機能マルチバンド6を搭載したモデル。

ファーストモデルDW-5000のケース形状、文字板デザインを受け継いだクラシカルなデザインはGショックファンには馴染み深いもの。

進化を続けるG-ショックのファーストモデルのDNAを受け継ぎ、更に進化したモデル。

▼商品ページはこちら 

20位  GST-W110D-1A9JF

ベゼル部に異なる素材を用いて、二層のレイヤー構造にすることにより新たな耐衝撃構造を実現し、上部のメタル素材に対して、下部に緩衝体となる樹脂を組み合わせることで、上部からの衝撃を緩衝する耐衝撃構造「レイヤーガード構造」を採用し、機能面、デザインの幅を更に広げたG-STEELシリーズ。
デザイン面では精悍でエネルギッシュな表情のブラック×ゴールドを採用、発電効率に優れた遮光分散型ソーラーパネルを採用することで、美しい発色を実現しています。

▼商品ページはこちら

まとめ:Gショックの電波ソーラー人気モデル

今回はGショックの電波ソーラーモデルをご紹介いたしました。

電池交換、時刻合わせが不要でビジネスシーンにもぴったりの電波ソーラーモデル。

近年ではBluetooth搭載でスマホとの連携が可能になったものや、さらに機能が拡張され、より幅ひろい範囲で使いやすく、デザイン面も様々なものが登場しています。

ぜひ今回の記事を参考に、お気に入りの腕時計を見つけてみてください!

Gショックの関連情報

▼Gショックの腕時計一覧はコチラ

関連記事(Gショック) ▼販売店が選ぶおすすめのG-SHOCKランキングTOP20

▼【40代男性におすすめ】販売店が選ぶおすすめのGショックTOP20


▼G-SHOCKを愛用している芸能人一覧


▼G-SHOCKを使用するのは何歳までなのか?腕時計専門店が徹底解説


▼大人のG-SHOCK(Gショック)はダサい?その理由を販売店が徹底解説
 

カシオの関連情報

▼カシオの腕時計一覧はコチラ

関連記事(カシオ) ▼カシオの人気メンズ腕時計ランキングTOP21

▼カシオの人気おすすめレディース腕時計TOP13


▼チープカシオが世界中で大ブレイク!オススメランキング
 

画像の説明

 

おすすめの記事


腕時計本舗ならいつでもお得!

腕時計本舗は業界最安値に挑戦します!価格.comに腕時計本舗よりも安い店舗があればお値引き。詳しくは画像をクリック。