一生モノとして注目のグランドセイコー クオーツモデル!魅力や注意点を徹底解説

 

腕時計の愛好家にとって、一生使い続けられるモノを選ぼうとする際、やはり高級腕時計をセレクトしたいと考える方もいらっしゃることでしょう。

しかし、極端に高額なモノは非現実的であるし、それに万が一後悔してしまうことも。そう考えた場合、セイコーが誇る「グランドセイコー」を購入されるのは必然的であり、実際に多くのユーザーがそうなされているのです。

今回は、そんなグランドセイコーの中でも、高精度のクオーツモデルに注目し、その魅力をお伝えしながら、人気のおすすめモデルまでご紹介して参りましょう。

グランドセイコーの歴史

グランドセイコーが誕生したのは、日本が高度経済成長期に差し掛かる頃の1960年。それまで、市場を席巻していたスイス高級腕腕時計に対峙すべく、優れた国産の機械式高級腕時計を世に出したいという思いから開発されました。

この1960年代は、従来精度が低いと認識されていた機械式腕時計に対し、セイコーがまさに絶え間ない努力を積み重ねてきた時代でもあります。そして、それはグランドセイコーの発展の歴史でもあるのです。

1969年、セイコーは世界発のクオーツ腕時計を発売するという画期的なことをやり遂げました。いよいよクオーツの時代が本格的に到来し、1980年代も後半になると、グランドセイコーにクオーツを搭載させ、名実ともに比類ないほどの高い精度を持ったモデルが生み出されています。

その後、セイコーは、ルーツである機械式と発展の支えとなったクオーツ式のメリットを組み合わせた、「スプリングドライブ」を開発。つまり、いずれの駆動方式を手放すことなく、第三の駆動方式を作り上げたことで、その名声をほしいままにしているのです。

実は、グランドセイコー、セイコーとは独立した1つのブランド。それは、セイコーの技術革新のたびに、その体現的ウォッチとして認識され、セイコーの永遠の誇りとなって現在に至っています。

グランドセイコーの魅力

日本人に好まれるデザイン

そんなグランドセイコーの魅力を語る上で、絶対に外すことができない要素と言えば、日本人が好むデザイン性を持っていること。

これは、デザインそのものの話にとどまらず、その風格や着け心地、周囲の人間に対する印象の決定まで、様々な部分で日本人の志向性にマッチしているのです。

このようなトータルで日本人にマッチする雰囲気を持っているのは、1960年代に提唱された「セイコースタイル」と呼ばれる、セイコー独自のデザインコンセプトにあるとされます。

東洋でも異質と言われる、日本特有の美意識を取り入れたこのコンセプトは、腕時計に単純なタイムツールであるという域を超えさせ、環境に自然に馴染むことができる雰囲気を持つモデルを多く作り上げたのです。

グランドセイコーはその代表的なブランドシリーズ。多くの外国人ユーザーも、この日本人的な控えめな輝きに惹き付けられ、グランドセイコーを購入されたに相違ありません。

精度の高さ

さて、グランドセイコーの魅力は、高精度な一面も押さえておかなければなりません。冒頭のグランドセイコーの歴史においても触れましたが、グランドセイコーには、現在3タイプの駆動方式が存在しています。これら3つの方式の精度について、詳しく見ていきますと、

  • 機械式:平均日差-1~+10秒
  • クオーツ式:平均月差±15秒(9Fになると年差±5~10秒)
  • スプリングドライブ方式:平均月差±15秒

となっており、精度の高さという点においては、やはりクオーツ式が圧倒的に強くなっています。スプリングドライブはベースを機械式にしながら、精度を極限まで高めているタイプなので、従来の機械式と比較すると非常に高いレベルの精度向上が見られるでしょう。

ステイタス性の高さ

そして、グランドセイコーには、他のブランドウォッチとは全く異なるステイタス性の高さを誇ります。それがまさしく、目立つようなギラギラ感のない、繊細で控えめな風格に映し出される、日本人が身に着けるという姿でしょう。

いわゆるロレックスやオメガなどの高級腕時計は、シンプルなモデルでも圧迫感があるのも少なくありません。しかし、グランドセイコーはその反対側に位置する価値観。信頼や誠実など、日本人がライフスタイルで求めるキーワードを見事に体現しています。

現在では、このグランドセイコーらしい魅力は海外ユーザーにおいても斬新に映り、普段のビジネスシーンだけでなく、特別な会議やプレゼンテーションなどにおいても、清潔感のあるステイタス性を少なからず発揮しているのです。

マニファクチュールブランドである

また、グランドセイコーを求めるユーザーが一様に表現するのが、グランドセイコーが、セイコーを代表する「マニファクチュールブランド」であること。

マニファクチュールブランドとは、いわゆる腕時計の製造において、メーカー独自の製造プロセスを構築し、それを一貫して自社で実行する専門工場を携えることでブランド性を確保しているものを指します。

もちろん、今回紹介しているグランドセイコーも専門工場で製造されていますが、クオーツ式・スプリングドライブ方式モデルは長野県塩尻市で、機械式モデルは岩手県雫石町となっています。

ちなみに、グランドセイコー以外のマニファクチュールブランドと言えば、先述のロレックスがやはり有名ですし、パテック・フィリップ、ヴァシュロン・コンスタンタン、オーデマ・ピゲの3大ブランドもそれに当たります。

しかし、本当の意味での一貫自社生産を貫くブランドの数ですが、我らがセイコーやシチズンを合わせても、決して多くはないと言えるでしょう。

グランドセイコーのクオーツモデルは後悔するは本当?

グランドセイコーのクオーツモデルを買ったら後悔する?

グランドセイコーは身に着けているだけでもハッピーな気持ちになれる腕時計。しかし、ユーザーの方によっては、非常に高価で、自身の方向性と異なるモデルを選んでしまってプレッシャーを感じ、せっかくのハッピーさを得られずにいるとされます。

ラインアップを見るとわかりますが、高品質ながら、比較的リーズナブルなモデルが多いのもグランドセイコーの良いところ。まずは、自身のお財布に優しいレベルのモデルを選べば後悔することは皆無です。

また、グランドセイコーは、確かに全体的に無難なデザインが多いものの、色合いや意匠などの違いによってイメージも大きく異なってきます。感性的に言えば、非常に微妙な違いであるかもしれませんが、実は購入後の後悔の大きな原因にもなります。

そのため、モデルを選ぶ際も、自分の価値観に絶対に正直にいることが必須。男女ともに、お気に入りのモデルを見つけるために自分と向き合ってください。このことも、後悔しないモデル選びの良いやり方です。

さらに、メンテナンスなどの維持費用が不意にかかったということも、後悔した理由の1つとされます。とはいえ、費用が全く発生しないということも非現実的で、やはりプレッシャーにならないレベルで受け入れるべきでしょう。

一般的には、3年から5年くらいのサイクルでメンテナンスをすることが、メーカーの推奨レベル。それを意識すれば、購入費用もリーズナブルなものを選ぶことで、後悔することもなくなりますね。

後悔させないグランドセイコーのクォーツモデルの強み

さて、グランドセイコーで後悔しないようにクオーツモデルを選ぶのであれば、9Fシリーズ搭載モデルが最高。基本的に、年差でも±5~10秒という驚異的に高い精度。質の高いキャリバーの型番「9F**」を内蔵していることから、シリーズ名の由来にもなっているのです。

本来、クオーツ式は軽量で薄い本体を実現した一方で、機械式のような力強い針の動きや、便利な機能を拡張するのに難がありました。しかし、この9Fシリーズは、パワフルな機構の動きも可能にするモーターが内蔵されおり、機械式タイプにも遜色のない風格を得ることにも成功しています。

チープなイメージのあったクオーツ式の腕時計に、高級感やお洒落なスタイルを加えたのがこの9Fシリーズ。グランドセイコーの9Fには、ビギナーユーザーにも後悔させない高い精度を背景にした、力強い機能性が備わっているのです。

また、9Fシリーズを選んでおけば後悔することがない大きな理由として、素晴らしいメンテナンス性の高さ。特に、9Fには機構内の保油性を向上させてくれる高気密構造をも有し、ホコリなどが侵入しにくくなる「スーパーシールドキャビン」が取り入れられていることも特筆すべき部分でしょう。

さらに、グランドセイコーを購入して後悔しにくい要素と言えば、価格に対するパフォーマンスの高さ。海外ブランドであれば、桁違いに高価になりがちなクオーツモデルでも、グランドセイコーでは非常に落ち着いた価格帯で購入することができます。

その大きな理由として、海外ブランドでは汎用キャリバー搭載も少なくない中、9Fで採用されているキャリバーは特別製造されていること。これにより、グランドセイコーのクオーツ式腕時計は、高級路線でありながら、あらゆる年代のユーザーに購入されやすいことも強みになっているのです。

グランドセイコー クオーツモデルを一生モノとして使用する際の注意点

クオーツ時計の寿命は?

ところで、グランドセイコーのクオーツ式を一生涯使用していきたいというユーザーの中には、クオーツ腕時計自体の寿命についても非常に気になるところではないでしょうか。

クオーツ腕時計の寿命は、一般的には10年程度と言われています。その大きな理由として、現在のクオーツモデルの大半には、電子回路が内蔵されており、この部分が故障・劣化してしまうと、電池を交換しても使えなくなる可能性が高いからです。

しかし、そんなクオーツモデルであっても、20年以上正常に活用されるユーザーも多く、やはり腕時計にとって適切な使い方や環境を維持することで寿命が延びていくと言えるでしょう。

クオーツ時計を長く使用するためには?

それでも、クオーツ腕時計を長く使用するには、やはりきちんとしたメンテナンスを定期的にすることが最も重要でしょう。いわゆるオーバーホールと呼ばれる、分解・洗浄による方法となります。

クオーツ式の場合、通常は7~8年に一度の定期的なオーバーホールが推奨されていますが、ここで気を付けるべきなのは、製造したメーカーで直接行ってもらうこと。グランドセイコーのようにムーブメントが汎用タイプでないモノはなおさらで、このことが長く使い続けるための非常に重要なポイントととなるでしょう。

そして、できるだけ電池の交換でさえもメーカーで行ってもらうようにし、普段からの使用も常に慎重にて、水場やホコリの多い場所では使用を控えるなど、ムーブメントへの悪影響を常に意識しておくことが必要なのです。

グランドセイコーのクオーツ時計のオーバーホールの値段は?

さて、グランドセイコーのクオーツ腕時計のオーバーホールをする場合、費用に関する値段も気なりますよね。参考までに、セイコー公式とその他の修理業者でのオーバーホール価格を見てみましょう。

  • セイコー公式でのオーバーホール費用:52,800円~
  • その他の修理業者でのオーバーホール費用:24,000円~

もっと気になるのは、セイコー公式とそれ以外の修理業者にてオーバーホールを行う場合のメリットとデメリット。

もし、セイコー公式でオーバーホールを行うのであれば、購入時とほぼ変わらないレベルにまで品質改善されるのが大きなメリット。その一方で、比較的高額な費用や、お住いのエリアによってオーバーホールを依頼する利便性が変わってくることがデメリットでしょう。

そして、その他の修理業者でのオーバーホールであれば、比較的低い値段で実施でき、依頼できる業者も比較的多いことがメリット。しかし、修理業者は実績・経験に大きな差があることから、品質改善にムラが出やすいのがデメリットとなります。

一生モノとしておすすめのグランドセイコーのモデル5選

グランドセイコー SBGN013

 

ここから、グランドセイコーのクオーツモデルの人気おすすめをご紹介しましょう。まずは、GMT機能の付いた、オーソドックスなモデル「SBGN013」。

ケースサイズも意外に大きめの、スマートな顔つき。誰もが等しく、直感的に時間運用が可能なブラックの文字盤には、ビビッドで、目にも焼き付きそうなレッドのGMT針が動いています。

GMT用の時間インデックスが、程よいサイズで設定されているのもグッド。年差±10秒という精度も驚きですが、それ以上に光る爽やかな精悍さが魅力的でしょう。

▼商品ページはこちら

  新品価格:¥385,000

グランドセイコー SBGP009

 

そして、こちらは、若干ゴールドかかった、ホワイトなカラーリングが引き立つ「SBGP009」。日本人だけでなく、あらゆる国の人間が身に着けても、普遍的な価値を見出せるグローバルなデザインです。

インデックスから針まで鏡面仕上げであるが故に、このモデルの表情が放つ煌びやかさもまた格別。一旦装着すると、その透明感の凄さに多くのユーザーが驚かれることでしょう。

大変華奢に見えますが、意外に大きめのボディ。ベゼルも限りなく細めに仕上げられていることから、視認性の良さはもちろん、ビジュアルもよりクッキリとして見る者を納得させます。

▼商品ページはこちら

  新品価格:¥352,000

グランドセイコー SBGP013

シックなネイビーで怪しげに微笑むのが、このモデル「SBGP013」。すでにご紹介した「SBGP009」のカラーリング違いでもありますが、よりアダルトさが際立つモデルとなっています。

ここで紹介しているモデル同様に、9Fクオーツ搭載という高い機能性もさることながら、ファッションアイテムとしての姿がより高まった感もある、抜け目ないクールさをも携えたツールでしょう。

そして、不思議なのは、インデックスと針を含んだ鏡面仕上げのボディにもかかわらず、輝きが非常に抑えられている部分。このモデルが意識的に自らを控えめに演出していると思えるほど、そのミステリアスさが1つの謎なのです。

▼商品ページはこちら

  新品価格:¥352,000

グランドセイコー SBGN029

次にご紹介するのが、グランドセイコー・クオーツのスポーツコレクションのモデルの1つ「SBGN029」。フルメタルが、そのスタイリッシュな姿に大変マッチしています。

最初にご紹介した「SBGN013」と同じく、GMTモデルですが、グローバルなイメージがより強くなっており、旅行からイベントまで世界中で活用できる機能性はもちろん、素晴らしい風格まで備えているのです。

それ故に、20気圧防水性は、このモデルの大きな強み。人間工学的視点に配慮されたデイト表示窓も今風のデザインであり、現代に生きる日本人のためのシンプルなスポーツウォッチとして強い力を発揮してくれるでしょう。

▼商品ページはこちら

  新品価格:¥451,000

グランドセイコー SBGX344

最後にご紹介するのが、唯一のレザーモデル「SBGX344」。ピンクゴールドのベゼルが、エレガントだけでなく、ユーザーをより華やかに見せてくれるでしょう。

このモデル最大のハイライトは、白い文字盤に放射状に広がるライン。凹凸感と立体感を醸し出し、無意識に文字盤を見つめてしまうほど、ユーザーをそっと惹き付けることができる魅力も備えています。

何と言っても、お洒落なゴールドを採用しているので嫌みな感じも一切なし。極薄ボディに、ブラックレザーと来ればその装着感は言うまでもなく、シンプルでもとにかく見どころ満載のモデルです。

▼商品ページはこちら

  新品価格:¥748,000

まとめ:一生モノとして注目のグランドセイコー クオーツモデル

今回は、グランドセイコーでも特に精度が高いと言われるクオーツモデルについて、お話を進めてきました。従来は、一生使い続けることに、あまり向いていなかったとされるクオーツモデル。しかし、現在ではちょっとした心がけによって寿命も大きく変わることが知られてきました。

グランドセイコーのモデルでも、それぞれ求められるユースケースも異なり、スペックも大きく異なることから、同じクオーツタイプとは言っても、ユーザー自身が適切な活用パターンを見極めることがかなり重要になりそうです。

もちろん、今回ご紹介した、人気のおすすめモデルにも同じことが言えます。それぞれ価格帯も異なるクオーツモデルではありますが、購入後は普段からの身に着け方を十分に考慮して使用することが望ましいでしょう。


グランドセイコーの関連情報

▼グランドセイコーの腕時計一覧はコチラ

関連記事(グランドセイコー) ▼「グランドセイコーは人気がない!?」その評価を徹底検証!?

▼販売店が選ぶグランドセイコーのおすすめモデル16選


▼ロレックスVSグランドセイコーどっちを買うべきか?

画像の説明

 

おすすめの記事


腕時計本舗ならいつでもお得!

腕時計本舗は業界最安値に挑戦します!価格.comに腕時計本舗よりも安い店舗があればお値引き。詳しくは画像をクリック。