Garminのスマートウォッチに『Suica』が対応!より早く便利に!

出典:https://www.garmin.co.jp/minisite/garmin-pay-suica/


腕時計本舗の編集長の前下です!

「いよいよGarminのスマートウォッチでもSuicaが利用可能になります!」

GPS機器・アスリートサポート機能で有名なウェアラブルメーカーの「Garmin」より、新しいニュースが届きました!

”Garminの新しいウェアラブルデバイスで、JR東日本が提供する「Suica」の発行やチャージなどが利用できるようになる”

というものです。
Garminのスマートウォッチといえば、水泳やランニングの速度計測や心拍数管理など、アスリートの優秀なサポート機能を持ったスマートウォッチを世に普及させてきましたが、今後はJR東日本と提携してキャッシュレス化の推進の取り組みを始めました!

その名も『Garmin Pay Suica』!!

これまではスマートウォッチでのSuicaの利用はApple Watchのみでしたが、いよいよGarminも参戦というわけですね!そこで、今回は「具体的に何ができるようになったのか?」詳しく見ていきたいと思います!

Garminスマートウォッチが『Suica』対応すると、具体的に何ができるようになるのか?

まずはGarminからはホームページよりこのような発表がありました!

〝ガーミンジャパン株式会社(以下「Garmin」)と東日本旅客鉄道株式会社(以下「JR東日本」)は、Garminの新しいウェアラブルデバイスで、JR東日本が提供する「Suica」の発行やチャージなどをご利用いただけるようにします。ランニングやゴルフなど様々なアクティビティを記録できる時計がSuicaとして鉄道・バス、お買い物などでご利用できるようになります。GarminとJR東日本はSuicaを活用したキャッシュレス化の推進に向けて取り組みます。〟

出典:https://www.garmin.co.jp/news/pressroom/news2020-0415-garmin-pay-suica/

具体的に何ができるようになるかというと、スマートフォンとウェアラブルデバイスをペアリングし、Garmin Connect Mobileアプリを操作することにより、以下の機能が利用可能になります。

『Garmin Pay Suicaでできるようになること』

  •  スマートウォッチにSuicaを発行し、鉄道・バス・買い物などで簡単に支払い
  •  Googleアカウントに登録されているクレジットカードからGoogle Payに入金(チャージ)
  • WEBサイトへの登録でJRE POINTが貯まる
  • 残額表示や前日分までの利用履歴の確認



ちなみに、こちらもご参考に!

『主なSuicaの機能

  • 日本全国約5,000の鉄道駅での乗降
  • 約5万台のバスの乗降
  • 全国約94万店舗での支払(2020年3月末時点)

GarminのスマートウォッチでSuica利用までの手順

※Googleアカウントをお持ちでない方はあらかじめ作成する必要があります。

①「Google Pay」を利用するので、まずは専用のページからGoogle Payのアカウントを作成します。

②普段にご利用のクレジットカードを登録します。

③利用できるクレジットカードを登録した後は、チャージしたい金額をチャージするだけ。


以上で設定完了!非常に簡単ですね!

Garminスマートウォッチの『Suica』対応はいつから始まるのか?

公式ホームページによると、
開始時期は『2020年5月21日』です!

Garminスマートウォッチの『Suica』対応機種

VIVOMOVE STYLE

商品ページを見る

VIVOMOVE LUXE

商品ページを見る

FENIX 6X PRO DUAL POWER

商品ページを見る


▼弊社でもSuica対応予定のGarminスマートウォッチを販売中!今のウチにお得にゲット!

Garminスマートウォッチ『Suica』対応の注意点

  • 1台のスマートウォッチに対応できるSuicaは1枚だけ
  • スマートウォッチとペアリングしているスマートフォンへSuicaを移行することはできません。

他にも、新型コロナウイルスの影響で騒がれている最近では、免疫力向上のために睡眠サポート機能のスマートウォッチも非常に注目されています。

睡眠サポート機能付きのスマートウォッチの売れ筋ランキングも作成していますので、こちらもあわせてご覧ください!

▼あわせて読みたい
腕時計でコロナに打ち勝て!睡眠サポート機能付きスマートウォッチランキング10選